東京の注文住宅 
YAZAWA LUMBER
コラム

注文住宅で親子二世帯が暮らしやすい空間に

二世帯住宅を検討するなら注文住宅がおすすめ

現在日本においても、二世帯で同じ家に住んでいる人達は多くいます。
二世帯だからこそ得られるメリットもあれば、逆にデメリットもあるでしょう。
様々な暮らしにくさを感じることもある二世帯住宅ですが、注文住宅によってそれぞれの家庭に応じた家を建てることにより、デメリットを減らすことができます。
特に最近のケースではプライバシーの確保に力がそそがれていますが、建売住宅の場合はなかなか自分たちの希望を実現させられません。
その結果実際に暮らし始めてから、大きなトラブルが起こることもあるため、注意が必要です。
二世帯住宅で失敗する理由は、プライバシー面のお互いによる干渉であり、適度な距離を保てる住宅作りを行いたいです。
YAZAWA LUMBERの注文住宅は、耐力壁などで強度の高い住宅を建てられるので、安全性は高いままでお客様の自由な要望を実現できる技術を備えております。

二世帯住宅が持つメリットについて

一般的な家庭であれば、小さな子どもが自宅に一人で留守番をしなくてはならないケースもあり、また誰も家にいないタイミングもあるため、防犯的にマイナスです。 その点二世帯で、親世帯が家にいることが多ければ安心でしょう。
また家を建てる際には二世帯分の融資も受けることができ、一般的に考えられている以上に低いハードルで注文住宅を建てることができます。
特に最近は、夫婦共働き世帯が若い世代を中心に増えており、その結果育児がままならないケースもあるのです。
このような場合でも二世帯住宅であれば、問題なくスムーズな育児体制を築けます。
二世帯住宅は、どちらかの世帯が我慢を強いられる状況は望ましくありません。
そのため、両世帯ともの意見を反映させて、双方が暮らしやすい住宅を建てることが大切です。

二世帯住宅のスタイル

二世帯住宅に欠かせないのはプライバシー面の確保であり、そのため二世帯住宅にもスタイルがあります。
まず、完全に共有スペースを持たない分離型のスタイルが一般的でしょう。
生活の時間帯が異なっていたり、敷地に余裕があったりする場合には選んでいる人が多いです。
しかし、いざ何かトラブルが起こった際には気づきにくい点があるため、親世帯が高齢者で様子を見に行きたい人にはあまりおすすめできません。
そして、部分共有型のスタイルは、リビングなどのコミュニケーションがとりやすい空間は共有にし、キッチンやトイレ、浴室など、複数の人が同時に使いやすい部分を別にするスタイルがあります。
しかし、敷地に余裕がなければ、窮屈な空間になってしまう恐れがあるので、きちんと検討してください。
そして稀なケースで、あまりプライバシー面を気にしない人は、完全融合型の二世帯住宅でも良いでしょう。
すべてを広くとることで、窮屈な思いをすることなく、コミュニケーションがとれ、トラブルが起こった際にも気づきやすくなります。
二世帯だからこそ、問題になる部分をあらかじめ把握できるので、それに強みを活かせる注文住宅を建てて、無理をすることなく暮らせるようにしたいです。
快適性や安心度を求める場合には注文住宅を検討すべきでしょう。
YAZAWA LUMBERの注文住宅は耐力性能が高いため、安全性を担保しつつ、お客様にあった設計を実現可能です

お問い合わせ・資料請求はこちら

  • 0120-970-170
  • お問い合わせ・資料請求フォーム
PAGE
-TOP