東京の注文住宅
YAZAWA LUMBER

注文住宅で予算オーバーを解消する方法

注文住宅を建てる際に、理想を詰め込みすぎると予算オーバーになります。
予算と理想を上手に調整しながら要望を取り入れた注文住宅を実現する方法があります。
予算を削ってはいけないところと削っても良いところをはっきりさせ、快適な空間を作り上げましょう。

削減する方法とは

こだわりを持って注文住宅を建てたいものですが、理想を詰め込みすぎると予算オーバーになります。
何かをやめてコスト削減し、うまく調整していかなければなりませんが、住み心地が悪くならないように注意しなければなりません。
中には、こだわりを捨てたくないという人もいるでしょう。
せっかく自由にデザインができる注文住宅を建てるのに、費用の関係で希望を反映できなくなったら悲しいものです。
しかし、コストダウンしてはいけない部分もあります。
してはいけない場所を無理に削ってしまうと、構造上の問題が発生したり、住み心地が悪くなったりするため注意してください。
ではどのように費用を削っていくべきなのでしょうか。
上手に調整しながら要望を取り入れた注文住宅を実現する方法があります。
一つは、形状です。
材料が少なくなるような形を取り入れるとコストが削減できます。
おすすめは総2階です。
1階と2階の形が異なり不揃いになるものよりも、上下階同じ形にした方が、材料が少なくなります。
見た目はすっきりとした印象を与え、町並みにも溶け込みやすいため、どのエリアでも馴染みやすいでしょう。
それほど外観にこだわりがないのであれば、建物の形をシンプルにしてみてはいかがでしょうか。

間取りを工夫しよう

予算オーバーにならないように間取りも工夫が必要です。
できるだけ仕切りを少なくしましょう。
一つでも壁がなくなれば、骨組みやクロスなどにかかる材料費、施工費、建具が省けるのです。
仕切りがないとプライベートな空間が失われるようなイメージがありますが、室内に一体感が生まれて家族が交流しやすくなります。
また、光が取り込みやすくなったり、風通しが良くなったりするというメリットもあります。
間取りの図面を見直し、間仕切りが省けるところがないか探してみてください。
部屋の数を最小限にするためには、子供部屋がポイントです。
子供の一人部屋は必要ですが、いずれ巣立っていくことを考えると将来的に使用用途がない空間になってしまう可能性があります。
そのため、巣立った後も有効活用ができるようにできるだけスペースは広く設けて、パーティションで仕切って使うというのも一つの方法です。
子供がお家を離れる時がきたらパーティションを取り除けば、広い空間になります。

コストダウンしてはいけない場所

予算オーバーしない方法は建物の形と間取り以外にもありますが、逆に削ってはいけないところもいくつかあるため、知っておきましょう。
一つは、耐震性、耐火性です。
これらを省いてしまうと、災害時に対応できず家族の命を守ることができなくなってしまいます。
デザインばかりにこだわり、目に見えない部分を削減してしまいがちですが、安心安全に暮らせないお家は避けなければなりません。
災害はいつ発生するかわからないため、万が一に備えておくことが大切です。
機能性の面で言うと、断熱材も安価なものを使ってはいけません。
外部の温度に室内も大きく影響され、夏は暑くて冬は寒くなります。
さらに、結露やカビが発生しやすくなって、建物の劣化を早めることになります。
メンテナンスに無駄なお金がかからないように、初めから良い断熱材を取り入れましょう。
セキュリティ対策も省いてはいけないポイントです。
これまで空き巣の被害に遭ったことがない人は、しっかり鍵を閉めていれば大丈夫だと安易に考えているのではないでしょうか。
経験したことがないと人ごとのように思ってしまうものですが、災害同様にいつトラブルに巻き込まれるかわかりません。
財産が狙われることはもちろん、命さえも危険に晒される可能性があります。
鍵や扉を安いもので済ませたり、フェンスや門を作らないでいたりすると危険です。
特に、外から丸見えになっていると狙われやすいため、外構工事の費用は削らないようにしてください。

PAGE
-TOP