東京の注文住宅
YAZAWA LUMBER

注文住宅のショールームを活用してイメージを膨らませよう

注文住宅は自由度が高い分、逆にイメージがしにくいこともあるのではないでしょうか。
そういう場合はショールームを活用してみてはいかがでしょうか。

上手に活用しよう

注文住宅は自由度が高い分、イメージがしにくいこともあるのではないでしょうか。
様々な理想があってもそれを一つの家の中に落とし込んでいくのは難しいです。
また、頭の中で描いていたものや図面で表したものが実際にかたちになると思っていたのと少し違ったというケースも少なくありません。
その差を埋めるために、ショールームを上手に活用しましょう。
実物が展示されている大きなカタログだと思っている人もいるかもしれませんが、最近は多様化しており、一度訪問すると認識が変わります。
これまでは商品を見るための場所でしたが、暮らしそのものを提案したり、生活体験ができる場所が増えてきました。
家族構成や子どもの人数、働き方などお客様それぞれライフスタイルが異なるため、自分たちの家庭に何を取り入れるとどう変化するのかが考えやすくなるのです。
各メーカーで異なるアピールポイントも知ることができるでしょう。
しかし、中には行ってみたいけどどこをどう見ればいいのか分からないという人も少なくないです。
注文住宅の計画が具体的でなくても問題ありませんが、上手に使いこなす活用方法について知っておくことが大切です。

おさえておきたいポイント

ショールームではプランやCGを活用してイメージを作成してくれたり、価格やグレード別に算出してくれます。
そのため、予算に合わせて計画が立てやすくなったり、色々な設備を比較検討しやすいです。
納得のいくまで比較検討ができるため、後からこっちにすればよかったと後悔することが少なくなるでしょう。
訪問する際は予約するのがポイントです。
予約すると担当者が一組一名でついてくれます。
説明はもちろん、専門家のアドバイスを聞きながら具体的なイメージを膨らませていくことができるのです。
見積もりも依頼することができますが、予算オーバーになりがちであるため注意してください。
理想が増えたり、良いものをたくさん見るとどんどん欲が出るものです。
そのため、当初の計画よりも費用が大幅に高くなったというケースも少なくありません。
これを防ぐためにも、事前に明確な予算を決めておくことをお勧めします。
また、色や大きさの見え方が異なる点も注意しなければなりません。
広くて天井が高く、間仕切り壁が無いため小さく見えますが、実際に設置すると想像以上に大きく、圧迫感を与えてしまう可能性があります。
思っていた色と印象が違うということもあるため、見え方の違いを理解しておきましょう。

YAZAWA LUMBERでワンランク上を体験

こだわりがある人は何を見るのかといった目的を明確にしておきましょう。
施工や計画が進んでいくと、キッチンやお風呂場、材質などを具体的に決めていかなければなりません。
その時に、しっかりとこれがいいと言えるように準備しておくとスムーズに話が進みます。
カタログでもあらかじめある程度の知識を身につけておくことも大切ですが、実物を見て、触れて、動かして見なければ使い勝手や質感はわかりません。
それができるのがショールームです。
触ったらいけないものはなく、特に床や壁は日常で直接触れるものであるため遠慮せずに触って確かめてみてください。
YAZAWA LUMBERのショールームはワンランク上の注文住宅を実感できます。
理想と現実を掛け合わせた空間であるため、具体的なイメージを膨らませることができるでしょう。
素材にこだわっており、高いデザイン力による室内は思っていた以上の感動があるはずです。
高品質な住まいを実現するのはもちろん、お客様の理想のライフスタイルを提供します。
本当に居心地がいい空間とは何か、お客様が満足するポイントはどこかなどを担当者と一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

PAGE
-TOP