東京の注文住宅 
YAZAWA LUMBER
コラム

注文住宅でコストを抑える方法と注意点

コストを抑えてこだわりのある家にしたい

マイホームを持つのなら、デザインや機能などにとことんこだわった注文住宅にしたいと考えている人は多いでしょう。
家は一生のうちで最も大きな買い物となりうる物であり、永く暮らしていく場所だからこそ、自分の納得できるものにしたいものです。
しかし、こだわるあまり注文住宅で細かい指示を出していくとどうしてもコストがかさんでしまいます。
できるだけコストを抑えて注文住宅を建てようと思ったら、様々なことを意識して考え直し、検討していくことも重要です。
費用を抑えるという点で一番分かりやすいのは坪単価が安いハウスメーカーを選ぶという方法です。
しかし、建物の基本価格は安くても様々なオプションによって追加料金を取るメーカーもあります。
中には他のメーカーで標準装備している設備までオプションに含めている場合があるので、いくつかのメーカーを比較しながら検討することをお勧めします。
コスト計算については、メーカーによってキッチンやストーブなどの値段も違います。
また、住宅の材質によっても金額が左右します。
一概に金額が高ければ、よいものという考え方にはならないので、機能性や目的などに応じて予算を振り分けるとよいでしょう。

デザインをシンプルにしたりDIYをしてみたり

注文住宅を建てる時にはその間取りも気になります。
コストを抑えるのであれば、家そのものの形や屋根の形はできるだけシンプルにするのがポイントです。
勾配がきつすぎる屋根や、部屋が四角形ではなくコーナーが多い形になるとそれだけ原料が必要であり建てる際の処理が大変になります。
仕切りや壁が少なくなるよう、部屋をいくつも分割するのではなく、1つの大きな部屋にして取るのも効果的です。
部屋を細かく区切りたい場合には間にカーテンなどを取り付けてそこで分割するという方法があります。
収納にこだわりたいという人も、それぞれの部屋にクローゼットや棚を置くよりは1ヶ所にまとめたウォークインクローゼットにするほうが安く作ることができます。
シンプルの家の作りは一見すると、さびしい印象を与えてしまうかも知れませんが、実は長く住むとなると圧迫感がなく、快適に過ごせる秘訣の一つです。
また、後から必要となった家具類を買い足すようにすれば、家具が無駄になることもありません。
部品のロスやミスに注意して作業を進めるようにしましょう。

経費削減にもつながる

日曜大工が得意な人は、自宅で準備ができることはコスト削減のためにも、一度、色々とできることから挑戦してみることをおすすめします。
実はやってみると、それほど道具が必要ではない作業も多いものです。
事前に、作業の説明概要や大工道具がどのような機器が必要になるかチェックしてみるとよいでしょう。
簡単な作業から複雑な家具の組み立てまで実にさまざまです。
自分で作ることができるものはDIYをすることで費用を安く済ませることができます。
そこまで自信が無いという人も、既製品や大量生産品などを上手く組み込んでコストを抑えることも可能です。
DIYをやる場合には工事が完全に終わって職人さんの出入りが不要になってから行うようにしましょう。

お問い合わせ・資料請求はこちら

  • 0120-970-170
  • お問い合わせ・資料請求フォーム
PAGE
-TOP