東京の注文住宅
YAZAWA LUMBER

注文住宅でおしゃれな空間を創り上げよう

マイホームが欲しいと思っている人も多いのではないでしょうか。
YAZAWA LUMBERはお客様のこだわりを踏まえた上で、理想のライフスタイルをカタチにします。

こだわるなら注文住宅

おしゃれなマイホームが欲しいと思っている人も多いのではないでしょうか。
せっかく建てるのであればデザインにこだわりたいものです。
建売住宅だと建物が完成した後に販売されたり、建築途中でスタートするのが一般的でいずれも設計は決まっています。
そのため、間取りに要望があっても叶えることができず、設計の自由度がないのです。
建築途中の過程も確認できません。
こだわりがそれほどなく予算を抑えてマイホームが欲しいという人にはお勧めですが、「こんなお家に住みたい!」という理想があるのであれば一から作り上げる注文住宅の方がおすすめです。
もちろん建売よりも費用は高くなりますが、建築基準法の範囲内であれば間取り、壁紙、フローリング、タイル、内装材、外装材、キッチン、トイレ、お風呂場などすべてを自由に決められます。
カタログやネットで写真を見てイメージを膨らませている人も多いですが、大切なことは自分だけでなく家族の好みを取り入れたり、ライフスタイルに適した住まいを実現することです。
どんなに好みを取り入れても過ごしにくければ後悔するでしょう。
そのようなことがないように、YAZAWA LUMBERはお客様のこだわりを踏まえた上で、理想のライフスタイルをカタチにします。

ポイントを知っておこう

デザイン性の高いお家を建てたくても、間取りや機能性も大切にしなければなりません。
おさえておくべきポイントを事前にチェックし、後悔しないようにしましょう。
ポイントの一つは、動線を考慮した間取りです。
リビングやダイニングは家族が集まる場所であるため、何かとモノが集中します。
新聞や飾り物、ゲーム機など様々ですが、これらを出しっぱなしにするとせっかくこだわった空間が台無しです。
そこで、家族の収納部屋を一つにまとめると動線も一つになって、どこに何をしまったのかわからなくなるということも無くなります。
パジャマや下着類は個人部屋のタンスにしまっているケースが多いですが、こういった日常的に使うものは脱衣所に収納するとスムーズな動線になるでしょう。
行動パターンを考えて適所に収納スペースをつくり、無駄のない動線をつくってみてください。
見せる、隠すのメリハリをつけることもおしゃれにするポイントです。
アイランドキッチンなどおしゃれな台所に憧れますが、その分目立ちます。
調理器具が出しっぱなしになったり、洗い物がそのままになっていると生活感が丸出しになるため、ちょっとした壁を作って手元を隠したり、見せたくないものを置くといいでしょう。
また、引き戸も設置すると家電製品や調理器具も隠せます。
このような点を意識してみてはいかがでしょうか。

バランスが大切

ショールームなどで良いものを見ていると、あれもこれもと取り入れたくなるものですが全てを取り入れるとバランスが崩れてデザイン性が損なわれる可能性があります。
全体のコンセプトは統一し、そのコンセプトに影響を与えない程度にアクセントで見せ場を絞った方が費用的にも見た目もバランスがいいです。
YAZAWA LUMBERは見た目はもちろん、高品質を追求しています。
東京では田舎のように広い土地にお家を建てることが難しいですが、限られたスペースの可能性を最大限に引き出し、高いクオリティの注文住宅を提供することが可能です。
おしゃれで高級な注文住宅をYAZAWA LUMBERで実現してみてはいかがでしょうか。
世界でたったひとつの満足度が高いマイホームで一生を過ごすことができます。
ショールームを見学し、具体的なイメージを膨らませましょう。
その際には専門家のアドバイスを受けながら考えていくことをおすすめします。

PAGE
-TOP