東京の注文住宅
YAZAWA LUMBER

火災対策万全の注文住宅で安心を手に入れよう

注文住宅を建てる人の中では安心、安全に暮らすために、免震住宅や制振住宅を検討している人が多くいます。
YAZAWA LUMBERの注文住宅は、高い安全性を誇ったまま、柔軟性なデザインを実現できます。

安心に暮らすために

地震大国である日本に住んでいる以上、いつ地震の被害を受けるかわかりません。
2011年に発生した東日本大震災のような大きな地震災害で亡くなられた方のほとんどは、住宅が倒壊したことによる圧死です。
近年、新築を購入する際や注文住宅を建てる際には、地震対策をして安心に暮らせる住宅を希望する人が増えています。
これから注文住宅で新しい家を建てようと考えている人は、耐震住宅を検討してみてはいかがでしょうか。
地震に負けない住宅には、3つの種類があります。
揺れに耐えることができるように住宅の壁を厚くし、柱を補強した耐震住宅と、揺れを軽減させる免震住宅、揺れを吸収する制振住宅です。
特に、注文住宅を建てる人の中では安心、安全に暮らすために、免震住宅や制振住宅を検討している人が多くいます。
その理由は、地震で壊れない住宅を建てたいと考える人が多いからでしょう。
地震によって倒壊した住宅は、保険に加入していても、保険金が出る条件が厳しいことがあるからです。
半壊では保険金が出ることが少なく、日本の建築物はよっぽどのことがない限り、全壊することはありません。
そのため、できるだけ地震に負けない住宅を建てたいと考える人が多いのです。

揺れを軽減する免震住宅

関東大震災や阪神・淡路大震災など日本で発生した大震災の経験から、建築基準法が見直されたため、どの住宅も地震に強いです。
そのため、免震住宅や制振住宅にする必要がないと考える人もいるのではないでしょうか。
しかし、現在の建築基準法では全壊や半壊を防ぐ対策であり、地震対策に特化しているというわけではありません。
安心に暮らすためには地震の揺れを吸収し、和らげる構造の免震住宅や制振住宅が必要になるのです。
注文住宅では自分の希望や要望を叶えることができ、理想の住宅を手に入れることができますが、倒壊してしまっては立て直す費用や手間がかかるだけでなく、命に関わる恐れがあります。
安心して快適に生活を送り続けるためには、住宅にもしっかりと地震対策を行いましょう。
耐震住宅や免震住宅、制振住宅のいずれも住宅そのものの損壊を防ぐことができる優れた工法ですが、建物の揺れを軽減させる免震住宅は、基礎部分に埋め込まれている装置がエネルギーを吸収し、激しい揺れを緩やかな横揺れに変えるとった特徴があります。
そのため、住宅が倒壊するのを防ぐだけでなく、室内の家具が転倒や移動しないようにと被害を最小限にすることが可能です。
耐震住宅や制振住宅と比較すると、地震の揺れを3分の1に抑えることができると言われています。
しかし、免震住宅は費用が高く、工期が長引く可能性があるということを知っておかなければなりません。

住宅の形と間取りで地震対策

費用的に免震住宅が建てられないという場合は、真四角の住宅を建ててみてはいかがでしょうか。
住宅は、真四角に近いほど強くなります。
その理由は、真四角に近い住宅は、2階、3階の重みが地盤まで壁や柱をひとつに通じており、建物全体で揺れを耐えようとするからです。
また、間取りでも地震対策ができます。
できるだけ、均等にすることを心がけましょう。
例えば、1階のお風呂と同じサイズの間取りを2階に子ども部屋として設け、1階にあるキッチンとリビングの大きさを2階に寝室として設けます。
部屋を均等に区切るためには、1階と2階の同じ場所に柱が入るため家の強度が増すのです。
このような柱のことを、通り柱といいます。
安心に暮らすためには、住宅の構造や間取り、住宅の形以外にも筋違や制振ダンパーなど抜かりなく確認しましょう。
予算は高くなりますが、費用が高くても災害に備えて万全にしておくことが大切です。
YAZAWA LUMBERの注文住宅は、木造にして、鉄骨造・鉄筋コンクリート造の耐火性があります。
高い安全性を誇ったまま、柔軟性なデザインを実現いつぃます。

PAGE
-TOP