東京の注文住宅
YAZAWA LUMBER

平屋の内装・外観をおしゃれにするポイントは?建てる際の注意点も紹介

平屋の内装・外観をおしゃれにするポイントは?建てる際の注意点

家づくりは、一生のうちに何度も経験することではありません。
これから長く住むであろう平屋を、ご自身の一からの設計でおしゃれにデザインしませんか?
今回は、平屋の内装や外観をおしゃれにするポイントを解説します。平屋が持つメリットやデメリットも紹介しますので、2階建てと迷っている方もぜひ参考にしてください。

注文住宅の相場

平屋とは

平屋とは1階建ての建物のことで、すべての空間がワンフロアに集約されています。
2階建ての住宅に比べて家族間のコミュニケーションが取りやすく、間取りの自由度が高いことが特徴です。建物の形状を工夫して広い中庭を設けたり、天井を高くしてロフトや中2階を設置したりと、柔軟な対応ができます。平屋は個性的な配置や間取りを設計できることから、おしゃれな家を建てたい方に適しているでしょう。
■平屋のメリット

・家事動線が効率的
平屋は、家事を含めたすべての生活が1階で完結します。そのため、効率的な家事動線を実現できます。階段がないため、洗濯や掃除のたびに毎回上下の移動をする必要もありません。足腰への負担がかかりにくいのは、嬉しいポイントではないでしょうか。水回りをまとめるなどの工夫をすれば、さらに生活がしやすい住宅になるでしょう。

・バリアフリーに対応しやすい
階段がないということは、バリアフリーに対応しやすいことを意味します。子どもや高齢者の落下事故が起こるリスクをなくせるほか、通路の広さなどを工夫すれば、車椅子でも生活できる家づくりが可能です。将来を見据えた設計を行うことで、老後も大規模なリフォームをすることなく同じ家に住み続けられるでしょう。

・災害に強い
平屋は建物の重心が低い位置にあるため、二階建ての住宅に比べて構造が安定しています。耐震性が高く、万が一地震が起こっても被害を最小限に抑えられるでしょう。
また住宅自体の高さも低いため、強風による影響が少なく済むことが多いです。さらに、盛土・擁壁施工や高床式構造を取り入れることで、水害による浸水の心配も軽減されるでしょう。
■平屋のデメリット
平屋のデメリットは、すべての空間をワンフロアに収めなければいけないことから、広い面積の敷地が必要な点です。
2階建てと同じ延床面積の平屋を建てようと思うと、単純計算で2倍の広さの敷地が求められます。用途地域によって定められている「建ぺい率(敷地面積に対する建築面積の比率)」や「容積率(敷地面積に対する延床面積の比率)」を考慮しながら、最適な土地を確保する必要があるでしょう。
また平屋は、2階建ての住宅に比べて坪単価が割高になる傾向にあります。平屋の方が、屋根や基礎工事部分の面積が大きいためです。同じ規模の敷地に家を建てる場合、平屋の坪単価の方が10%~20%程度高くなることをあらかじめ覚えておくとよいでしょう。

平屋とはなにか

平屋をおしゃれにする内装のポイント

これから紹介する内容は、平屋をおしゃれにするだけではありません。
中には平屋に挙げられるデメリットを解消しながら、デザイン性が高い内装を実現できるポイントもあります。
住みやすい平屋を建てるためにも、ぜひ導入を検討しましょう。
■吹き抜けを取り入れる
平屋に吹き抜けを設けることで、部屋全体が開放的かつおしゃれな空間になります。天井面の照明にこだわったり、骨組みをあえて見せるデザインにすることで、個性的なデザインも実現できるでしょう。
また、使用する素材も空間の印象を変える大切なポイントです。自然素材を採用すれば、自然ならではの木のぬくもりや風合いを感じられ、リラックスして過ごせる空間になります。
■すべての部屋に光が入る工夫をする
平屋は建物の高さが低いことから、採光を確保しにくいという難点を抱えています。建物の形状によっては、特に中央の空間に光を取り入れることが困難です。
そういった点を解消するためには、吹き抜けに加えて天窓やハイサイドライトを設置するのがおすすめです。北側にLDKを配置せざるを得ない場合でも、明るい空間を実現できます。
窓のデザインを工夫すれば、空間全体がさらにおしゃれになるでしょう。
また開閉ができる窓にすれば、換気がしやすくなるというメリットも得られます。
■ウッドデッキで屋内と屋外をつなげる
ウッドデッキには家族とのコミュニケーションや、洗濯物を干すためのスペースといった色々な使い道があります。
ただウッドデッキは、設置するだけでは実用性が高い場で終わってしまいます。屋内と屋外をウッドデッキでつなげ、おしゃれな空間を演出しましょう。
例えば、リビングの窓の延長線上にウッドデッキを設けることで、屋内外に一体感と開放感が出ます。LDKとウッドデッキがひと続きになるよう各所の床材を同色でまとめれば、統一感が出て尚よいでしょう。上部も同様で、ウッドデッキに屋根の役割を果たす軒を設ける場合は、リビング天井の板材と素材を統一するのがおすすめです。
ただしウッドデッキを設ける際は、近隣の自然環境の事前調査が欠かせません。
虫が多いと鳥やクモが寄り付きやすくなり、日々の手入れが大変です。
インテリアの目的で樹木などを置く場合も、手入れの面を考慮する必要があるでしょう。また樹木については、成長した姿をイメージして設置することが大切です。成長に伴いウッドデッキが狭くなったり、景観を損ねたりする可能性があるためです。
■内装のテーマを統一する
「おしゃれな平屋にしたい」と思う反面、漠然としたイメージしか思い浮かばない方も多いのではないでしょうか。そのような方におすすめしたいのが「テーマを揃えた内装」です。空間全体に統一感が出て、おしゃれな印象に仕上がるでしょう。
まずはインテリア雑誌やインターネットの写真などを見て、自分自身や家族の好みを知ることから始めてください。気に入ったデザインをいくつかピックアップしてファイルにまとめれば、ハウスメーカーの担当者に見せやすくなります。
同じ系統であれば、複数のデザインを取り入れても構いません。
どうしても決めきれない場合は、シンプルなデザインを選ぶとよいでしょう。住み始めてから熟考し、あとから好みの壁紙や照明に替えられます。
■配色を工夫する
おしゃれな内装に仕上げるためには、配色に気を付けることも大切です。
カラーコーディネートにおいては「ベースカラー70%/メインカラー25%/アクセントカラー5%」が配色の黄金比率とされています。広い面積を占める床や壁にベースカラーを取り入れ、ソファやカーテンにメインカラーを取り入れるとよいでしょう。アクセントカラーは、観葉植物や小物でプラスするのがおすすめです。
色合いについても配慮が必要で、全体的に色が濃いと圧迫感のある空間になってしまいます。できる限り淡い色でまとめ、開放感のある空間を演出しましょう。

平屋をおしゃれにする内装のポイントとは

平屋の外観をおしゃれにするポイント

外観は、住宅の第一印象を左右する大切なポイントです。特に平屋は住宅の高さが低いため、通行人の目に留まりやすくなります。
外観をおしゃれにするにあたって、気をつけてほしいポイントは次の2点です。
■屋根形状を工夫する
平屋の屋根は面積が大きいため、形状の違いが外観デザインに大きく影響します。まずは「外観をどのような印象にしたいか」を考え、屋根の形状を検討しましょう。
平屋の屋根として人気があるのが「片流れ屋根」と「陸屋根」です。まず片流れ屋根は、屋根全体が一方向に傾いたデザインをしています。シャープで洗練された印象を与えつつ、角度の工夫次第でダイナミックな印象も演出できます。シンプルなフォルムにしたい方には、陸屋根がおすすめです。傾斜がないため、平屋全体が箱のような形状になります。
ほかにも「切妻屋根」や「寄棟屋根」など、屋根の形状には様々な選択肢があります。個性的なデザインを求める方は、2種類の屋根を組み合わせるのもよいでしょう。
機能性にも配慮しながら、最適な屋根を取り入れてください。
■外壁にこだわる
外壁の色や建材にもこだわれば、よりおしゃれな外観を手に入れられます。スタイリッシュな印象にしたい方は白い外壁、クールな印象にしたい方は黒やグレーの外壁を選びましょう。
また建材にも、様々な選択肢があります。まず、色やデザインのバリエーションを求める方におすすめなのが「窯業系サイディング」です。塗り壁調の外壁材であれば素朴な印象、レンガ調であれば温かい印象の外観になるでしょう。
一方で、スタイリッシュな印象にしたい方には「金属系サイディング」がおすすめです。金属質を感じさせる外壁材によって、シャープな印象を与えます。
もちろん、色や建材を1つに絞る必要はありません。ツートンカラーの外壁にすれば、おしゃれかつ個性的なデザインの外観に仕上がるでしょう。

平屋の外観をおしゃれにするポイントとは

内装を工夫しておしゃれな平屋を実現しよう

おしゃれな平屋づくりを叶えるためには、内装や外装のデザインにこだわることが大切です。理想の住宅像を家族とよく話し合い、希望するデザインやアイデアを設計に落とし込みましょう。
意見がまとまらないときは、住宅会社の担当者に相談しながら進めてください。信頼できる工務店を見つけ、納得できる家づくりを行いましょう。
ヤザワランバーは、東京を中心に「1棟1コンセプト」の家づくりを手掛ける住宅会社です。
お客様一人ひとりの家族構成や理想の暮らしに合わせた、おしゃれで個性的なデザインをご提案できます。
ただいま「オンライン家づくり相談会」を実施していますので、平屋の建築を検討中の方はぜひ一度ご参加ください。
デザインや間取りのほか、資金計画や土地探しに関するご相談も承ります。

PAGE
-TOP