東京の注文住宅
YAZAWA LUMBER

平屋の価格はどう決まる?高くなる理由や安く建てるコツを解説

平屋の価格はどう決まる?高くなる理由や安く建てるコツを解説します

平屋は階段がなく、間取りの自由度が高いことなどから近年人気の住宅様式です。
1階建てであることが平屋の大きな特徴ですが、階数が少ないからといって価格が安いとは限りません。場合によっては、2階建ての住宅以上にコストがかかることもあります。
そこで今回は、平屋の価格が決まる要素や高額になる理由を紹介します。安く建てるコツも併せて解説しますので、平屋の建築を検討中の方はぜひご一読ください。

注文住宅の相場

平屋の価格が決まる要素

「平屋は敷地が広いから価格が高い」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、価格が決まる要素は1つだけではありません。
まずは、平屋の価格を左右するポイントを解説します。

■平屋を建てる土地の価格
平屋はすべての部屋や設備をワンフロアに収めなければならないため、2階建ての住宅よりも広い土地が必要になります(同じ延床面積の家を建てる場合)。広ければ広いほど、平屋の土地の価格は高額になるでしょう。
また、平屋を建てるにあたって知ってほしいのが「建ぺい率」についてです。建ぺい率とは「敷地面積に対して建てられる家の広さの割合」のことで、エリアによって違いがあります。
必ずしも「建てたい家の広さ=必要な土地の広さ」になるわけではないため、平屋にはより広い土地が必要になることを理解しておきましょう。

■平屋の建築費
建築費も、平屋の価格を決める大切なポイントです。
1階建てである平屋は、周囲の環境が住環境を大きく左右します。例えば周りに高層マンションがあったり、隣家との距離が近かったりすると十分な採光を確保できません。日当たりや風通しがよい平屋を作るには、吹き抜けや天窓を設ける必要があります。
こうした設備やオプションを増やすことにより、平屋の建築費は高額になりがちです。

■平屋の住宅性能
吹き抜けやロフトといった設備を付けることは、建築費だけでなく住宅性能のグレードにも影響します。
これらの設備を設ける際は、天井を高くして縦の空間を活用するのが一般的です。開放的な空間を作るには有効な方法ですが、一方で空調の効き目を低下させます。
そのため平屋で縦の空間を活用するには、設備のグレードを上げて気密性や断熱性を高めることが欠かせません。グレードが高い建材を選ぶことにより、建築費はぐっと高くなるでしょう。
なお、用意されている建材や設備のグレードはハウスメーカーによって異なります。依頼する住宅会社によっては、価格が大きく変わるため注意が必要です。

平屋の価格が決まる要素とは

なぜ平屋は二階建てよりも高くなる?

先述した住宅の価格を左右する3つの要素は、2階建て住宅も同じです。
色々な設備仕様を設けたりグレードを高くしたりすれば、どの住宅様式であっても価格は高額になるでしょう。
しかし必要な土地の広さ、設備や住宅性能を考慮すると、平屋は2階建て住宅よりも価格が高額になる傾向があります。その理由を掘り下げて解説します。

■同じ延床面積なら平屋のほうが建築費が高くなる
同じ延床面積の家を建てる場合、平屋の方が2階建て住宅よりも建築費が高額になります。
その理由として挙げられるのが、基礎や屋根の面積の大きさです。平屋は2階建ての住宅に比べて基礎や屋根の面積が大きいため、材料費や工事費がかかり建築費が高くなります。
また平屋の場合、夏の暑さをしのぐためには断熱性が高い屋根を採用しなければなりません。グレードが高い建材を使うことで、建築費がさらに高額になるでしょう。

■平屋の建築費が割高になる理由
一般的に平屋の建築費は、2階建ての住宅の価格よりも1〜2割程度高くなるといわれています。
この違いは主に、基礎や屋根の広さや平屋を快適な家にするための設備、それに伴い必要となる住宅性能によるものです。
ただ平屋の場合は、階段を設置する必要がありません。その分デッドスペースが少なくなり、家づくりを効率的に進められるでしょう。
またどのような住宅であっても、長く住み続けるとメンテナンスが必要です。平屋のメンテナンスは大きな足場を必要としないため、将来的に費用を抑えることが可能です。
さらにいうと、デザインや建材の種類にこだわれば、住宅様式に関係なく建築費は高くなります。
建築の時点では平屋の方が建築費が高額になるかもしれませんが、得られるメリットや将来的なことを考慮すれば一概に高いとはいえないでしょう。

なぜ平屋は二階建てよりも高い

安く平屋を建てるコツ

平屋は価格が高くなる傾向にありますが、階段がないことや間取りの自由度が高いといった多くのメリットがあります。
安く平屋を建てるコツを知り、予算の範囲内で理想の家づくりを実現しましょう。

■設備や性能のグレードを見直す
設備や性能のグレードを見直すことで、建築費を抑えることが可能です。
例えばキッチンの場合、特にこだわりがなければ高額なワークトップや食洗機を設ける必要はありません。ユニットバスや洗面台なども同様です。ご自身にとって不要に感じる設備は思い切って外し、収納が豊富で使いやすい空間づくりを目指しましょう。ウッドデッキや収納棚は、住み始めてからDIYをすれば安価で設置できます。
ただし設備を住宅会社に頼んで後付けする場合は、かえって費用がかさむため注意してください。
また外装や内装の仕上げ素材なども、費用を大きく左右する要因です。1平米あたりの単価は安くとも、面積が大きくなればなるほど高額になるので注意してください。
家づくりの優先順位を家族で事前に話し合い、「本当に必要かどうか」を慎重に検討することが大切です。

■外観をできるだけシンプルにする
外観をシンプルにすることでモダンかつおしゃれな印象の平屋になり、さらにはコストを抑えることが可能です。
できるだけ外壁や屋根の凹凸を減らし、施工する面積を最小限に留めましょう。材料費や基礎工事費の抑制に有効です。特に外壁の凹凸を減らすことは、室内の間取りを設計しやすくするメリットもあります。

■実績が豊富な施工会社に依頼する
これまで平屋を安く建てる方法をいくつか紹介しましたが、細々とした部分は家づくりの経験がなければなかなか気付けません。
経験と実績が豊富な住宅会社に依頼し、コストを抑えるためのノウハウを学びながら家づくりを進めましょう。中には安全面を考慮し、知名度が高いハウスメーカーを希望する方がいらっしゃるかもしれません。しかし大手のハウスメーカーは、広告宣伝費や仲介手数料といった経費が価格に多く含まれがちです。
平屋を安く建てたい方は、施工会社の知名度ではなく経験や実績をもとに検討しましょう。信頼できる施工会社を見つけることが、価格面だけでなく住みやすい平屋を建てることにもつながります。

安く平屋を建てるコツとは

平屋を建てる際に注意すべきポイント

平屋は、2階建ての住宅とは住環境が異なります。
平屋を住みやすい家にするためのポイントを、いくつか紹介します。

■採光や風通りに注意する
平屋は1階建てであるため、周囲に高い建物があったり2階建ての家に囲まれていたりすると十分な採光を確保できません。近隣の環境をよく確認し、できるだけ日当たりや風の通りがよい土地を選びましょう。
なお日当たりや風通しの問題については、設計の工夫次第で解消することが可能です。
「ロの字型」の建物の中央に庭を設けたり、屋根に換気のための天窓を取り付けたりすれば防犯対策をしながらも換気がしやすい家になります。格子が付いた窓を採用するのもよいでしょう。
予算と相談しながら、住環境に適した設備を選ぶことが大切です。

■防犯対策を工夫する
平屋はワンフロアの建物であるため、2階建ての住宅に比べると第三者が比較的容易に侵入できます。防犯カメラやセンサーライト、防犯用のシャッターなどを設けて防犯対策をしましょう。
ただし過度な防犯対策は、かえって死角を増やす恐れがあり危険です。塀で四方を囲むのではなく高さを調整する、必要な部分にだけ植栽を配置するなど、工夫を凝らした対策をとりましょう。家が周囲から多少見えることによって、それが抑止力になる場合もあります。

■プライバシーに配慮する
平屋は、すべての部屋や設備がワンフロアに収まっています。家族が密にコミュニケーションを取れる一方で、家族が個人のプライバシーを確保しにくくなるでしょう。プライバシーに配慮した部屋の配置や、間取りを作ることが大切です。
例えば「平屋の中央に窓付きのLDKを配置し、寝室と子ども部屋を両隣に設ける」という間取りであれば、採光の確保と換気のしやすさを両立しながら家族のプライバシーを確保できます。
また防音性が高い壁を採用したり、壁沿いに壁面収納を設けたりするのもおすすめです。
ただ、ここで注意してほしいのは、仕切りや壁を過剰に増やさないということです。
空間を区切りすぎると採光や通風に問題が生じ、平屋の広々とした空間を活かしきれなくなります。ハウスメーカーの担当者に相談しながら、平屋の魅力を活かせる工夫を取り入れましょう。
もう一点、家族全体のプライバシーへの配慮も忘れてはなりません。
平屋は、生活空間が第三者の視線と同じ高さになります。近隣住人や通行人から家の中が見えないよう、高い外構やフェンスで視線を遮る工夫をしましょう。刷りガラスの窓やレースカーテンを取り入れて、室内の様子が見えないようにするのもおすすめです。

平屋を建てる際に注意すべきポイントとは

平屋を建てるならヤザワランバーにお任せください

平屋は2階建て住宅に比べて価格が高い傾向にありますが、安く抑えるコツを知っておけば予算内で理想の家づくりを実現できます。
信頼できるハウスメーカーを探し、専門的な知識を持った担当者に相談しながら最適な間取りや設備を検討しましょう。
住宅会社のヤザワランバーは、東京を中心に「1棟1コンセプト」の家づくりを手掛けています。耐震や断熱性といった居住性にもこだわり、お客様の理想の平屋を実現いたします。
ただいま「オンライン家づくり相談会」を実施していますので、平屋の建築を検討中の方はぜひ一度ご参加ください。間取りや資金計画のことはもちろん、土地探しのご相談も専門のスタッフがお伺いいたします。

PAGE
-TOP