東京の注文住宅
YAZAWA LUMBER

狛江市で注文住宅なら知っておきたいポイント

東京都狛江市での注文住宅の建設をお考えのお客様へ、YAZAWA LUMBERが地域の特性を活かした注文住宅をご提案いたします。
お客様のライフスタイルに合わせたサポートをいたします。

狛江市にお家を建てる際は

注文住宅を建てる場所は慎重に選ばなければなりません。
賃貸物件であれば、いつでも引っ越すことはできますが、マイホームを建てる土地は簡単に変えることができないからです。
土地柄をよく理解し、自分にとって暮らしやすいまちを見つける必要があります。
東京都にも様々なまちがありますが、狛江市を検討している人もいるのではないでしょうか。
市全体の特徴や、それぞれエリアごとのポイントを知り、注文住宅を建てる土地を選んでいきましょう。

東京でも自然を感じられる場所

狛江市は多摩川の中流に位置するまちで、市の南側はほぼ多摩川に面しており、東京都の中でも面積が小さいです。
人口は7万6000人ほど、面積はおおよそ6.3キロ平方メートルです。
コンパクトなまちに多くの人が住んでいることになります。
多摩川は自然豊かなため、東京でも自然を感じながら暮らしたい人に人気があります。
北側には野川も流れています。
自然が多く田舎のイメージがありますが、小田急線が通っており、都心までも20分ほどでアクセスができるため、交通の便で不自由に感じることはないでしょう。
会社や学校は少なく、全域が住宅街となっているため注文住宅を建てる土地も見つけやすいはずです。
また、規模はそれほど大きいものではありませんが、農地もあります。
自然を感じながらゆっくりと暮らしたい人は狛江市を検討してみてはいかがでしょうか。
狛江市が目指すまちづくりは、高齢化社会への対応、若い世代の子育て支援です。
お家を建てる際は、その場所でずっと住み続けていくことを前提にまちを選ぶでしょう。
若いうちは便利で暮らしやすくても、老後は住みにくいと感じるまちもあります。
しかし、狛江市は高齢化社会への対応もまちづくりの課題として打ち出しているため、老後も安心して暮らせるのではないでしょうか。
認知症で日常的に徘徊の可能性がある高齢者に対してはGPS機器を使用して介護者からの照会があったときに位置情報を提供するサービスも行っています。
このサービスを利用するにあたり、申込金や月額料金が発生しますが、利用している人も少なくありません。
また、子育て支援も課題としてあげており、市民の声を聞くことが有効と捉えているため、今後もさらに住みやすいまちへと発展していくことが期待できます。
市民も市からの呼びかけにより、積極的に市政に参加しているようです。
市民同士の結びつきもあり、初めて狛江市に暮らすという人も疎外感なく生活ができるでしょう。

気になる治安や地価について

治安も気になる人が多いのではないでしょうか。
狛江市は大型商業施設がなく、人が集中するような場所がありません。
多くの人は職場や学校が市外にあることが多いため、昼間の人口が少なくなり、静かな雰囲気になります。
23区ほど騒がしくないため、ゆっくりとゆったりと過ごせる場所だと評価もされています。
また、狛江市は東京都内の区市で刑法犯認知件数が最も少ないというまちに選ばれたこともあり、昔と比べると半数以下に減少もしているようです。
これは、警察や地域住民の協力により安全パトロールなどに取り組んでいるからです。
全く事件が起きていないというわけではありませんが、自転車の盗難など自分で対策を行うことで防げる事件が多い傾向にあるため、防犯対策を徹底していれば大きな問題に巻き込まれることはないでしょう。
東京都内でも治安が良いため、子育て世代も安心です。
他にも狛江市に注文住宅を建てる際に、地価も気になるのではないでしょうか。
平均地価は1坪あたり298,108円です。
東京の平均が1坪あたり650,232円であるため、比較的安いと言えます。
しかし、地価は変動するため、土地を選ぶ際はよく確認することが大切です。
予算には限りがあるため、土地代にかける費用、内装などにかける費用のバランスを考え、適切な場所を選ぶ必要があります。
立地にこだわるのであれば、内装や間取りに妥協しなければならない部分が多くなるでしょう。
逆に土地代を抑えることができれば、お家の中にお金をかけることができるため、望んでいる間取りや設備のグレードを高くできます。
外装デザインにもお金がかかるため、何を重視したいのかしっかりと決めた上でバランスを考えていくのがポイントです。

メイン駅は狛江駅

狛江市のメインとなる駅は狛江駅です。
狛江駅周辺は狛江市の中でも学校や保育園が多いため、ファミリー層に人気のあるエリアです。
公園もあるため、穏やかな雰囲気が広がっています。
南口には飲食店もあり、外食が楽しめるでしょう。
郵便局や病院もあるため、利便性が高いまちだと言えます。
お買い物面でも不便に感じません。
規模は小さいですがスーパーが2軒ほどあります。
駅から徒歩10分以内のところにコンビニやドラッグストアは15軒ほどあるため、日用品のお買い物にも便利です。
気になる交通の便ですが、新宿までは乗り換えせずに30分もかからずアクセスができます。
渋谷駅や東京駅、池袋駅、品川駅までは1回の乗り換えが必要になりますが、どの英気も1時間かからず出ることができるため、通勤がしにくいと感じることはないでしょう。
しかし、1日の乗車人数が7,5842人と比較的多く、混雑率が157%もあるため、通勤ラッシュには巻き込まれる可能性が高いです。
治安については窃盗事件の件数が多いですが、全体的には大きな問題もなく安心できます。
事件の件数が少ないのはファミリー層が多く住んでいるからでしょう。
世帯層は一人世帯が最も多く17,943世帯ですが、ファミリー層も9,822世帯あります。
都心はワンルームマンションでも家賃が高いため、電車での通勤が必要になりますが家賃の安い狛江駅周辺を選んで住んでいる世帯が多いようです。
また、ファミリー層も土地代がやすいため、一戸建てを建てる家庭も少なくありません。
駅から少し離れたところには、自家用車を停められる一戸建てを建てている家庭も多いです。
子育て世代はマイカーがないと不便に感じることがありますが、マイカーを停める場所がなく断念する人もいるでしょう。
狛江駅エリアであれば、そのような悩みも解決できます。
狛江駅エリアを南側と北側に分けたとき、お買い物のしやすさや利便性を重視するのであれば南側がお勧めです。
生活に欠かせないお買い物はほとんど南側に集中しているからです。
北側は市役所や小学校があるだけで利便性が高いというわけではありませんが、落ち着いて暮らしたいという人は北側を選ぶと良いでしょう。
夜の人通りも少なく、とても静かです。

和泉多摩川駅エリアの特徴

和泉多摩川駅エリアを選ぶ人も少なくありません。
新宿駅まで乗り換えなしでアクセスすることができ、ベッドタウンとして人気があります。
また、徒歩圏内に登戸駅があり、川崎方面にもアクセスしやすいというのも特徴の一つです。
しかし、小田急線は各駅停車しか止まらないため、急ぎの時は途中で乗り換えが必要になることがあります。
また、娯楽施設がないため、休日は電車などを利用して遊びに出かけなければならないでしょう。
不便に感じることがあるかもしれませんが、平日と休日にメリハリがつくため、休みの日にしかできない外出を楽しむことができるはずです。
駅周辺にはスーパーや商店街があり、深夜まで営業しているコンビニや飲食店があるため、仕事で帰りが遅くなった際も気軽に利用できるでしょう。
治安も良く、犯罪件数が少ないためファミリー層も安心して暮らせるまちです。
駅の近くには交番もあり、何かあった時でも安心です。

実際に歩いて確認しよう

このように、狛江市は暮らしやすいと感じるポイントがたくさんありますが、自然が多い分、夜になると暗くなり雰囲気が怖いと感じる場所があります。
住宅街も夜になると暗くなり、一人歩きが怖いと感じることがあるかもしれません。
住み始めてから不安になることがないように、土地を探す際は実際に歩いて確認すると良いでしょう。
時間帯を変えてチェックすることで、より雰囲気がわかりやすいです。
街灯の数や駅までの道を確認し、女性や子どもも安心して歩ける場所を探してみてはいかがでしょうか。
自分たちで土地を探すのが難しいという場合は、業者にサポートしてもらうという方法もあります。
土地探しから建築までお願いできる業者に依頼するとスムーズです。
注文住宅は自由度の高いお家が建てられるというメリットがありますが自分たちのこだわり、要望だけでなく、土地の特徴を生かす間取りやデザインを設計してもらい、満足度の高いお家を建ててもらいましょう。

PAGE
-TOP