SDGsの取組

SDGs INITIATIVESSDGsの取組

LUMBER ONE GROUPの「日本のあらゆる住環境を創造していく」ための「今と未来の」約束

image

SDGsとは

SDGs(持続可能な開発目標)は、Sustainable Development Goalsの略称です。「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、17のゴール・169のターゲットから構成された国際目標のことをいいます。2015年9月の国連サミットで採択され、2030年を年限とします。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。LUMBER ONE GROUPは国際連合が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、「持続可能な社会の実現」に向けた事業展開が重要だと考えております。当社は事業特性を踏まえて、SDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出し、これらを解決するために以下のつの目標を達成する為に持続的かつ重点的に取り組んでまいります。

LUMBER ONE GROUPのSDGs取組

私たち、LUMBER ONE GROUPはただ家を作るための土地を見つけ、住むための場所を作っているだけではありません。そこに住む方々の幸せを土地から建物まで全てにおいて考えて行動をしつつ、お客様や提携会社と一緒に想像することで、皆様の住環境を創造していきます。

  • image

    ヒートショックによる死亡が年間19,000人前後と交通事故死の5倍の発生率です。国内の交通死亡事故は減少しているが、ヒートショックによる死亡件数は上昇傾向です。※統計にでない熱中症を入れると死亡件数は更に上がる
    気密・断熱の性能を向上させ室内温度差を5度以内に抑えることにより、これらの死亡件数を抑えることが出来ます。
    当社は、気密・断熱性能(隙間相当面積C値1.0以内・熱還流率UA値0.6以内)を実現しヒートショック対策を講じている企業です。

  • image

    2019年度よりフレックス制度を取り入れており、プライベートの時間との両立が行ないやすくなっております。
    柔軟に社員からの要望を聞くことで働きやすさを意識して様々な制度を取り入れております。
    また、女性管理職も既に2割にのぼり、男女問わずに実力があり、挑戦をする社員の背中を押します。

  • image

    土地の購入から建物の建築まで一貫して社内で行なうことで、当社が手がける物件は周辺環境との調和を心がけることができます。地盤調査を外部機関にて行なうことで信頼ある調査結果をいただけ、補償も充実させております。
    また、アフターフォローも社内で行なっているために、長期的に当社の建物で幸せな生活を行なうことができる最善の体制を整えております。

PAGE
-TOP