東京の注文住宅 
YAZAWA LUMBER
コラム

注文住宅の便利な性能例5選!

設計に悩んだ時に真似したいもの

注文住宅は自由度が高く、オリジナルのお家を作ることができますが、いざ設計を考えてみると何を取り入れるべきなのかわからなくなることがあります。
おしゃれな空間を作り上げたいものですが、暮らしを豊かにする機能性も重視する必要があります。
お家は建築が始まるとやり直しができません。
後から「これを設置したらよかった」、「これはいらなかった」と後悔することもあるため、それを回避するために便利な性能を知っておきましょう。
真似したい便利な性能が5つあります。
1つは可変式のお部屋です。
これは、間仕切りをしてセパレートにできるもので、ドアを2つつけて必要な時にドアが別々になるように間を仕切って、不要な時は仕切りをしないと使い分けることができます。
子連れ家族や将来的に子どもが欲しいと思っている夫婦は取り入れてみてはいかがでしょうか。
子ども部屋を可変式にすると部屋数を増やしたり、将来、進学や就職で実家を離れるときは一つのスペースにすることができます。
来客者が宿泊するときも利用でき、様々な使い方が可能です。
しかし、分けた時にそれぞれの部屋が狭すぎることがないように、十分な広さを確保しなければなりません。

ゲストが多い家庭も安心

2つ目はスキップフロアです。
リビングに段差をつけると図面では同じ面積でも目で見ると表面積が増えて空間が広く見えるというメリットがあります。
間仕切りをリビングに設置したくない場合におすすめです。
また、スキップフロアにダイニングセットやソファーを置くと来客対応スペースになります。
家具を設置しなくても、階段部分をベンチがわりにすることも可能です。
3つ目は2つの玄関です。
注文住宅が完成したら友人を呼んでホームパーティーがしたいという理想を持っている人もいるのではないでしょうか。
中には、自宅でエステやまつ毛エクステ、ネイルなどサロンを経営したい人もいるでしょう。
そのような時に2つのアガリマチがあれば、家族と来客用の出入り口を2つのルートに分けることができ、スッキリとした見栄えと動線が実現できるのです。
来客用は靴を脱いでそのまま正面の廊下に上がり、家族用は靴箱を設置してアガリマチを設置してみてください。
お客様が来るたびに玄関が靴で散らかる心配もなく、玄関で鉢合わせになることもありません。

暮らしやすさを重視

4つ目はウォークスルータイプのシューズクロークです。
ウォークインクローゼットは定番ですが、この設備もとても人気があります。
一つ目の出口が玄関付近、もう一つが洗面所につながるように設計すると靴を脱いでそのまま洗面所で洗濯機に服を入れてお風呂に入ることができるのです。
泥だらけで遊んで帰ってきた子どもやペットのお散歩帰りでも室内が汚れることはありません。
5つ目は洗面台に2つのボウルをつけることです。
家族の人数が増えると、朝の準備で洗面台が渋滞します。
夫婦だけでも洗顔、歯ブラシ、メイク、ヘアセットなど朝の準備は何かと時間がかかり、人が多くなればその分混み合ってストレスを感じるものです。
2つボウルがあれば二人同時に使えるため、渋滞が軽減されます。
YAZAWA LUMBERの注文住宅でもこのような便利な性能を取り入れることができます。
他にもおすすめの性能がありますが、全てを採用すればいいというわけではありません。
予算内で必要な機能だけを採用することが大切です。
機能性があり快適な暮らしを実現するために、YAZAWA LUMBERでプランニングをしてみてはいかがでしょうか。
おしゃれなデザインはもちろん、構成やライフスタイルを考慮した上で最適な暮らしができるようにプランニングをします。

お問い合わせ・資料請求はこちら

  • 0120-970-170
  • お問い合わせ・資料請求フォーム
PAGE
-TOP