東京の注文住宅 
YAZAWA LUMBER
コラム

注文住宅で失敗しないために知っておくこと

家づくりで失敗しないためには

せっかく注文住宅を建てるのであれば失敗したくないものです。
しかし、多額の費用をかけて建てた注文住宅が失敗してしまったという人も少なくありません。
よくある失敗例は、暗くて寒い、使わない部屋や設備があるなど住み心地が悪いことです。
普通の買い物とは異なり、一度注文住宅を建てるとやり直すことができません。
失敗は正しい知識や計画性があれば、防ぐことが可能であるため注文住宅の業者に任せきりにするのではなく、知識を身につけておく必要があります。
注文住宅の業者は家づくりについての知識は豊富ですが、実際に住む人の生活スタイルや好みは知りません。
また、人によって注文住宅に求めることは異なります。
自分が住みやすいと感じる注文住宅を建てるためには、どんな家にしたいかをしっかり業者に伝えることが大切です。
そして、希望をしっかりと伝えるためには、家づくりの基礎知識が必要になります。
家づくりに関する基礎知識はたくさんありますが、最初から全ての知識を身につける必要はありません。
一つ一つの段階で家づくりに積極的に取り組む姿勢があれば、その都度、疑問点がでてくるはずです。
その疑問を解消しながら、家づくりに必要な知識をしっかり身につけていきましょう。

家を建てる目的と理由を明確にしよう

注文住宅を建てる際は、最初に家族でしっかりと話し合うことも失敗を防ぐポイントになります。
どうして注文住宅を建てるのかといった理由や目的を明確にすると、間取りや設備も決めやすくなるでしょう。
例えば、子育てのために注文住宅を建てるのであれば、子供が安全に暮らせる設備や子育てしやすい間取りを考えることができるはずです。
安心して暮らせる家を建てたいのであれば、災害に強い構造や素材を選ぶことができます。
マイホームを持つことが夢だという人も多いですが、注文住宅は建てた後の生活が重要です。
家族が住みやすいと感じる家を建てるために、理由や目的をはっきりさせておきましょう。
家族で話し合っていくうちに、考え方や重視するポイントが変わってくることもあるはずです。
どのように方向転換するべきか判断するために、話し合いの内容はノートなどにまとめておくことをお勧めします。
また、注文住宅の業者と話し合いを進めていくと、最新設備などを提案されますが、どうしても初心を忘れてしまいます。
あれも、これもと業者の提案を取り入れていると中途半端な注文住宅になってしまうかもしれません。
最初の目的をノートに書き、業者からの提案と照らし合わせて判断すると失敗したと悔やむことがないでしょう。

大きな買い物は金銭感覚が鈍ってしまう?

金額も慎重に判断していくことも失敗を防ぐことに繋がります。
普段の買い物でも50円や100円と言った差を気にする人が多いのではないでしょうか。
しかし、大きな金額になると1万、2万の違いを気にすることなく決めてしまう傾向にあります。
注文住宅などの大きな金額の買い物は非日常であるため、金銭感覚が鈍ってしまうものです。
1万、2万の差が積み重なると予算オーバーになるかもしれません。
金銭感覚を鈍らせないためには、「なんとなく」で決めないことです。
なんとなく設備を導入する、なんとなく間取りを決めていくと大きな判断ミスに繋がります。
この「なんとなく」をやめるためには、注文住宅を建てる理由を明確にしておくことです。
なんのために家を建てるのかが決まっていれば、どこにお金をかけるべきなのか、節約するべきポイントはどこなのかを判断することができます。
これから注文住宅を建てようと考えている人は、失敗に終わらないようになんのために家を建てるのかという目的や理由を明確にすることから始めてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・資料請求はこちら

  • 0120-970-170
  • お問い合わせ・資料請求フォーム
PAGE
-TOP