東京の注文住宅 
YAZAWA LUMBER
コラム

注文住宅で知っておきたい水まわりの知識とは

失敗しないために身につけておくべきこと

注文住宅を建てる際は、様々な知識を身につけておくことが大切です。
自由度が高いからこそ、迷ってなかなか決められないことや、業者に任せてしまうことがありますが、それでは注文住宅の魅力を活かすことはできません。
こだわり抜いて満足度の高い家を建てるためにも、しっかり知識を身につけていきましょう。
身につけておいた方が良い知識の一つは水まわりです。
キッチンやお風呂場、トイレなどは日常生活に欠かせない設備であり、暮らしやすさに大きな影響を与えます。
完成してから、ここはこうするべきだったと後悔することがないように、情報収集を行い、一つずつ決めていくのがポイントです。
まずは、それぞれの広さを考えていきましょう。
キッチンは様々なタイプがあり、独立型やアイランドが好みなど、人それぞれ要望が異なりますが、間取り全体に影響するため最初に決めておく必要があります。
お風呂場も同様です。
システムバスはサイズが規格化されており1坪、1.25坪などがあります。
後から変更すると全体に影響を与えてしまうため、慎重に決めなければなりません。
トイレは快適に使用できる広さを確保することはもちろん、お掃除のしやすさも考慮しましょう。
洗面所は洗濯や脱衣のことを考えて、作業のしやすさを考慮してください。

優先順位をつけよう

広さを決めたら、どのような商品を取り入れるか決めていきます。
同じメーカーで同じ商品でも、搭載されている機能やグレード、価格が異なります。
搭載機能が多くなれば、その分、価格も高くなるため、必要なものだけ取り入れるのがポイントです。
なんでも取り入れられる注文住宅は、ついつい要望が多くなり、あったら良いな、と思う程度のものでも取り入れてしまう傾向があります。
無駄な機能を省けば、他の部分にお金がかけることができるでしょう。
譲れない条件の中でも、優先順位をつけていくと選びやすくなるはずです。
どのような機能があるのかがわからない場合は、カタログなどをみて研究してください。
同じものでも機能が向上している場合があるため、費用とのバランスをみて判断しましょう。
また、大きさやスタイルは後から変更がしにくいため、見た目も意識して決める必要があります。
後からサイズやレイアウトを大幅に変えると、設計をやり直さなければならなくなり、完成が遅れることや、無駄なコストや時間がかかるかもしれません。
どうしても変えたい場合は担当者に相談をするようにしましょう。

予算とのバランスも重要

ある程度、条件が決まったら関連商品を具体的に選んでいきます。
例えば、扉の種類、コンロのパーツ、水栓、シャワー、手洗いカウンター、ミラーなどです。
関連商品も様々なものがあり、見栄えや価格が変わってきます。
予算を超えないように必要なオプションをつけていきましょう。
建築確認申請をすると、構造に関わるものを変更することができなくなるため、それまでに全ての商品を決めてください。
設計に影響を与えないものであれば、途中で変更をすることは可能です。
しかし、グレードをあげると費用も上がって見積もりが変わってくるため、注意しなければなりません。
収納扉や浴室の内装など素材や仕上げが異なる変更も見積もりが変わってくるため要注意です。
このように決めていく順番がありますが、その順番を間違えると、後から変更するポイントが出てきて、初めから設計を考え直さなければならなくなるケースがあります。
水まわり以外の知識も身につけていく必要がありますが、全体に影響を与えやすい水まわりから慎重に考えてみてはいかがでしょうか。
ある程度決まったら業者に相談をしてみてください。
実績があり信頼できる業者であれば、要望をもとにベストな提案をしてくれるはずです。

お問い合わせ・資料請求はこちら

  • 0120-970-170
  • お問い合わせ・資料請求フォーム
PAGE
-TOP