東京の注文住宅
YAZAWA LUMBER

注文住宅で取り入れる設備の種類と選び方

住宅にはキッチンやお風呂、トイレ、洗面室など様々な設備があります。
他にも、セキュリティ設備や宅配ボックスがあります。
どのような設備を入れるべきか、考えてみましょう。

注文住宅の設備選び

住宅にはキッチンやお風呂、トイレ、洗面室など様々な設備があります。
賃貸物件であれば、このような設備があらかじめ設置されていますが、注文住宅を建てるとなると設備について知っておかなければ、後から後悔するかもしれません。
注文住宅は自分の好きな設備を選ぶことができるといったメリットがありますが、それだけで選んでしまうと、後からあの設備があったら便利なのにと悔やむこともあります。
これから注文住宅を建てようと検討している人は、設備の種類や選び方を知っておきましょう。
注文住宅の設備を選ぶ上で、最も大切なポイントは必要な設備を考えることです。
キッチン一つにおいても、対面式やアイランドキッチンなど様々なタイプがあります。
部屋の間取りや動線を考えずに好みのキッチンを選んでしまうと、使いにくいと感じるでしょう。
家族の人数も重要です。
食洗機や乾燥機は便利な設備ですが、家族が少ない場合は水が勿体無いと感じるため注意してください。
しかし、キッチンはダイニングから見える設備であるため、見た目にもこだわりたいものです。
照明やレンジフード、水洗などシンク周辺設備の性能はもちろん、キッチンがスタイリッシュに見えるように大型収納を取り入れることをおすすめします。

使用頻度が多い設備の選び方

お風呂の選び方のポイントは掃除やメンテンスのしやすさです。
最近のお風呂はおしゃれなデザインが多いですが、毎日使用する設備であるため、日頃のお手入れのことを考えて選びましょう。
お風呂についていると便利な設備は、浴室換気乾燥機です。
寒い季節になると暖房として使えたり、梅雨の時期は洗濯物干しスペースとして活用できます。
トイレの選び方は、汚れにくいタイプを選ぶことです。
お風呂同様にトイレも毎日使用する設備であるため、汚れにくい種類や、汚れても掃除がしやすいトイレを選ぶといいでしょう。
特に、手洗いカウンターはタッチレス水洗であれば、毎日の掃除も楽になります。
使用頻度が多いお風呂やトイレは、寿命も考えておかなければなりません。
一般的に15〜20年に一度は設備交換をする目安です。
種類によっては寿命が短かったり、使い方次第で寿命を下回ることがあります。
家族構成やライフスタイルに適切な設備を選ぶ必要があります。
洗面室の選び方は、収納スペースが重要なポイントです。
ドライヤーや洗剤のストック、化粧品など小物を置くため収納スペースが不十分であると、洗面台の周りが綺麗に片付きません。
また、コンセントも重要です。
何を使うのかを想定した上で、コンセントの数や位置を決めましょう。

あると便利な設備とは

キッチンやお風呂、トイレ、洗面室など様々な設備がありますが、他にもこだわるべき設備があります。
例えば、セキュリティ設備です。
リビングに設置したモニターで玄関前の様子が確認できるテレビドアホンは、近年、セキュリティ強化に欠かせない設備です。
最近では、自動録画機能が搭載されたテレビドアホンが人気で、留守中の訪問客を後から確認することができます。
小さい子供がいる家庭は、スマートフォンと連動できる機能が搭載されたタイプを選ぶと、子供を残したまま外出しても外出先から訪問客の対応ができるため便利です。
宅配ボックスも便利な設備です。
外出中に宅配がきても、受け取りができます。
これまで、宅配ボックスというとマンション設備のイメージがありましたが、最近では注文住宅でも設置する人が増えてきました。
宅配ボックスにも様々な種類があるため、使い勝手の良いタイプを選ぶと良いでしょう。
このように様々な設備と種類がありますが、便利で好きな設備を全て取り入れるのではなくライフスタイルに適切なものを選ぶことが大切です。

PAGE
-TOP