東京の注文住宅
YAZAWA LUMBER

リビング階段が注文住宅にもたらす効果とは

注文住宅でリビング階段を設置する家庭も少なくありません。
リビング階段とは、リビングの中に階段を設置した間取りのことです。
そんなリビング階段についてまとめてみました。

注文住宅で取り入れたい階段

注文住宅でリビング階段を設置する家庭も少なくありません。
リビング階段とは、リビングの中に階段を設置した間取りのことです。
なぜリビング階段が人気かというと、設置することで様々な効果が得られるからです。
得られる効果の一つは、視覚効果によりお部屋が広く見えることです。
都市部では土地が狭かったり、変形地にお家を建てることが多く、どうしても圧迫感や空間が狭く感じてしまいます。
圧迫感を軽減したり、広く見せる方法は様々ですが、リビング階段を設置することも圧迫感がなくなり広い印象を与えることができ、効果的なのです。
これは最大のメリットだと言えます。
同じ間取りでもリビング階段を設置するかしないかで、見え方が大きく異なり開放感が生まれます。
敷地を広げずに広く見せることができれば、コスト面でもメリットがあると言えるでしょう。
都市型住宅など土地の面積がそれほど広くないお家は検討してみてください。
限られた敷地面積でも広々とした空間が実現でき、満足度の高いマイホームになります。

おしゃれなアクセントになる

広く見えるだけでなく、おしゃれな印象も与えることが可能です。
壁で囲まれた一室は殺風景になりやすいですが、階段がいいアクセントになります。
インテリアの一部となるため、家具をたくさん配置させておしゃれに見せるよりもシンプルでデザイン性の高い間取りになるでしょう。
また、狭く暗くなりやすい場所もリビングの中に階段があれば明るく、空間全体に活気が出るのも魅力的なポイントです。
廊下に階段があると明かりが入りにくいお部屋ができたり、暗い印象を与える空間ができやすい傾向にあります。
冷暖房も効きにくいため、夏は暑すぎる、冬は寒すぎるなど快適さが失われる恐れもあるでしょう。
光が遮られる暗いお部屋は、日中でも電気をつけなければならなかったり、ランニングコストもかかります。
リビング階段があるだけで隅々まで同じ明るさが確保できるようになり、空調も効きやすいため、階段を利用する際も快適です。
吹き抜けと相性も良いため、最近では同時に採用されるケースも増えてきました。
ガラス張りの吹き抜けは、太陽光を室内に取り込みやすく、さらに明るさも確保することができます。
おしゃれさも増すため、吹き抜けも検討してみてはいかがでしょうか。

スキップフロアとの組み合わせ

スキップフロアと組み合わせるケースもあります。
スキップフロアとは階段の途中にある踊り場のことで、2階へあがるための役割だけでなく、書斎や作業スペースなどの用途にも活用することができるのです。
ある程度のスペースを確保したスキップフロアと階段を組み合わせると生活スペースそのものを広げることにもつながります。
また、キッズスペースなどそれほど広さは必要はなく、一部屋確保するほどでもないスペースをスキップフロアで作ると、リビングや広さが必要な場所のスペースを減らすことなく設けることが可能です。
無駄なスペースになりやすい階段の下も有効活用しましょう。
例えば、収納です。
収納はお家に欠かせない部分ですが、あまりにも多く、広く設置すると生活スペースが狭くなります。
階段の下は中途半端な空間が空きやすいですが、収納にすることで最大限に有効活用することができるのです。
高さのあるものから細々としたものまで収納することができるため、日常生活でよく使うものや日用品のストックなどを保管する場所として使ってみてはいかがでしょうか。
あらかじめ、収納するものを決めておくと無駄なスペースを作らずにピッタリと収まるでしょう。
他にも、絵や写真を飾っておしゃれなインテリアのポイントとしたり、空間に余裕があればキッズスペース、書斎としても活用できるはずです。
しかし、階段の上がり下がりがあると足音が響くため、集中して作業をするための書斎としては不向きかもしれません。

コミュニケーションが取りやすい

子供は成長すると自分の部屋にこもりがちになりますが、リビング階段をつくることで、自分の部屋にいくためにはリビングを通り抜けないと行くことができなくなり、家族が顔を合わせる機会が自然と多くなるというのもメリットです。
顔を合わせる時間があれば、短い時間でも子供の変化に気がつくことができたり、いつ帰ってきたのかもわかります。
外出時もリビングを通らなければならないため、無断で出かけるのも防ぐことが可能になるでしょう。
また、1階と2階のコミュニケーションが取りやすくなると言う効果も期待できます。
広い土地に注文住宅を建てるとき、廊下に階段を設置するケースがありますが、その構造は1階と2階のつながりがありません。
リビング階段は緩やかなつながりができ、コミュニケーションが取りやすくなるのです。
ご飯ができた時の声かけもキッチンで作業しながらできたり、リビングにいながら行うことができるため、わざわざ2階へ上がって子供たちの部屋に行く必要がなくなります。
子育てや介護にもメリットがあります。
幼い子供や高齢者は階段を踏み外したり、つまづいて転倒し大きな怪我につながる危険性がありますが、リビングに階段があると家族が常に気にかけることができるのです。
リビングで作業をしながら階段の上がり下りを見守ると作業効率も良くなり、1階と2階の行き来もスムーズになるため、家事効率も良くなります。

欠点も理解しておこう

使い勝手が良い間取りですが、デメリットもあるため注意してください。
満足度の高い注文住宅を建てるためにも、良い面だけでなく悪い面も知っておきましょう。
デメリットはプライバシーの確保が難しくなることです。
2階にいても家族を感じることができ、コミュニケーションが取りやすくなるのはメリットですが、家族との距離が近いのが嫌だと感じることもあるでしょう。
他の部屋に音が届きやすくなるため、プライベート空間をしっかり確保したい場合は間取りを慎重に考えなければなりません。
2階で仕事場を設けた際も、リビングでの会話が聞こえてきたり、キッチンで食器を洗う音が聞こえてきて、集中できない可能性もあります。
防音対策として、リビングの壁や床は音が吸収しやすい素材を用いたり、2階の扉は防音性の高いものを用いるという方法があります。
階段に扉を設置することも可能なため、工夫をしましょう。
また、音だけでなく臭いも広がりやすいです。
臭いが2階へ広がらないように、キッチンとは離れた場所に階段を設置してみてください。
また、キッチン付近に大きな窓を取り付けたり、換気扇を設置するのも臭い対策になります。
お部屋の中央にキッチンを設置したい場合は、リビング全体に臭いが広がりやすく2階にも上がって行きやすくなるため、アイランドキッチンとの組み合わせは相性がイマイチです。

都合が悪い時もある

コミュニケーションが取りやすいというメリットがありますが、嫌でも顔を合わせなければならないため、喧嘩して空気が悪い時は辛いかもしれません。
家族同士だけでなく、来客者と顔を合わせなければならないのもデメリットです。
子供の外出時、帰宅時に来客者と顔を合わせたり、トイレやお風呂場などの水回りが1階にあれば来客があると気を遣うこともあるでしょう。
小さい子供であれば問題ありませんが、年頃の子供であれば突然の来客があったのを知らずにリビングに降りてしまうと嫌な思いをするかもしれません。
大人であっても慌てるため、注意しましょう。
リビングと階段の出入り口がつながるように設計するとプライバシーの確保ができるようになります。
暖房の熱が上で逃げやすくなり、室内が温かくなりにくいというデメリットもあります。
廊下に設置する階段よりリビング階段の方が他の空間と同じ温度で上がり下りができるのは魅力的ですが、お家全体の冷暖房が効きにくくなるのです。
最近では機密性や断熱性にこだわったお家が多く、それほど気にならないという人もいますが、空調の効きが悪いと電気代もかさむため工夫してみてはいかがでしょうか。
例えば、シーリングファンです。
天井に取り付ける扇風機のようなもののことを言いますが、これを回すことで室内の空気を循環させることができます。
ライトがついたものを取り入れると階段の照明としても活躍するため、おすすめです。
寒さが厳しい地域では断熱対策も欠かせません。
業者に相談しながら適切な断熱を設計してもらいましょう。
このように、魅力的な部分だけでなく欠点も把握しておくことが大切です。
欠点を理解していれば対策をすることができ、デメリットを軽減することができます。
より良い住み心地を手に入れるために、業者としっかり打ち合わせをして満足度の高いお家を手に入れましょう。

PAGE
-TOP